FC2ブログ

『竹取物語』と『古事記』資料等の裏付けあり大変説得力ある 2013年6月29日

『竹取物語』と『古事記』資料等の裏付けあり大変説得力ある 2013年6月29日

奈良の橿原の方からホームページを御覧になって車で竹取翁博物館にお越し頂きました。奈良は、広陵町説の、翁の名前「さるきのみやつこ」を「さぬきのみやつこ」と読み替えて讃岐(さぬき)神社があるからとなっている。
 これらについて、京田辺説は「さかきのみやつこ」で「榊」神事に使う榊と「冠者殿」の地に翁の家「山本」があり古代 古山陽・古山陰道の平城京から最初の「山本驛」と一致したことを述べさせて頂きました。
 詳細については、博物館の解説書『竹取物語 現代考』(博物館のみで販売)をお買い求め頂いたので、詳しく書いていることをお伝えしました。
また、質問で弘文帝の「やまさき」で亡くなった場所が山本の直ぐ西に山崎神社がある。ここで「弘文帝(大友皇子)が亡くなった」という記録があり、奈良の勢力とは違う人達が住んでいて「物語に登場する貴公子を物語で批判している」ことも述べさせて頂いた。
他に、作者の空海説、かぐや姫の誕生がイエスキリストとオーバーラップ。帝がガド族でイスラエルから、それに除服から邪馬台国の徳之島説まで話させて頂きました。
 アンケートでは、「『竹取物語』だけでなく『古事記』などの資料からの裏付けがあり、大変説得力がありました」とお書き頂き、展示についても全て「大変満足」という評価を頂きました。
  http://taketori.koiyk.com/
  http://taketori.koiyk.com/yamataikoku.html

スポンサーサイト



テーマ : 日本の歴史
ジャンル : 学校・教育

main_line
main_line
プロフィール

key

Author:key
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード