FC2ブログ

『竹取物語』かぐや姫の父は「大筒木垂根王」で、舞台は京田辺「筒木」

『竹取物語』かぐや姫の父は「大筒木垂根王」で、舞台は京田辺「筒木」

文献学の権威 故門脇禎二名誉教授は「王女かぐや姫」の京田辺市郷土史会の講演会で、筒木には神功皇后や仁徳天皇・継体天皇が居住していて記紀などに明記されている。今まで神話と言われていた大筒木垂根王や大筒木真若王・迦邇米雷王などの時代は、平安時代に作られた『竹取物語』に「迦具夜比売命(かぐや姫)」がいて実在の皇后である、と発表された。
http://www.eonet.ne.jp/~koizumi/take-sandou.html
 
門脇氏紹介-文献史学の第一人者。京都大学文学部史学科卒業。専攻:日本古代史。奈良女子大学教授、京都府立大学文学部教授、京都府立大学長、京都橘女子大学長など歴任。京都府立大学名誉教授。 文学博士。著書:『日本古代共同体の研究』『日本古代政治史論』『「大化改新」史論』上巻下巻『古代日本の「地域王国」と「ヤマト王国」』上下『葛城と古代国家』・『古代出雲』他多数。
スポンサーサイト



main_line
main_line
プロフィール

key

Author:key
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード