FC2ブログ

京田辺市関西観光拠点化計画シンポジウム

京田辺市関西観光拠点化計画シンポジウム
~同志社大学文系学部移転問題を考える~ 開催のお知らせ 

ここ京田辺市は関西を代表する観光地である京都・大阪・奈良に電車一本で行ける大変便利な位置にある。そこで
京田辺市を関西観光における拠点としたい。
この観光拠点化計画の背景には、現在同志社大学京田辺キャンパスに通う文系学生が2013 年度以降今出川キャンパスに移転するということがある。これによって空室が増加するであろう学生マンションを、外国人観光者向けの簡易宿泊施設として利用するのはどうだろうか。
この計画の実現に向け有識者からの意見や、地元不動産等関係者様および京田辺市民からのご賛同を得ることを目的として本シンポジウムを開催する。

●日時:2011 年7 月16 日(土)13:00 ~ 18:00
●場所:田辺区公民館(所在地:京都府京田辺市田辺沓脱15)
※駐車場がございませんので公共交通機関をご利用してお越しいただきますようよろしくお願い致します

●参加費:無料( 第四部交流・懇親会に参加する方のみ500円)
●主催:きゅうたなべ倶楽部
●お問い合わせ:きゅうたなべ倶楽部
【プログラム】
第一部 13:00~13:30
 京田辺市 関西観光拠点化計画の発表
   発表者: きゅうたなべ倶楽部学生スタッフ 田村 涼
第二部 13:30~1 4:30
 基調講演「創造する力が『まち』を元気にする」
   講演者: 同志社大学政策学部教授 今川 晃 氏
第三部14:30~16:45
 パネルディスカッション【前半・後半】
   パネリスト: 同志社大学政策学部教授 今川 晃 氏
          京田辺市観光協会会長   田宮 宏悦 氏
          学生マンションオーナー 小泉 芳孝 氏
          株式会社バン・ネット・システム 様
   コーディネイター: きゅうたなべ倶楽部市民スタッフ 小出 章博
第四部 17:00~18:00 交流・懇親会

【申込方法】welcomebackpacker.kyotanabe@gmail.com
上記メールアドレス、またはQRコードよりメールアドレスを読み取りお名前、連絡先電話番号、交流・懇親会への参加の有無をご明記の上お申し込み下さい。
定員50名(先着順とさせて頂きます)

【パネリスト プロフィール】
同志社大学政策学部教授   今川 晃 氏
同志社大学政策学部教授・大学院総合政策科学研究科教授。
異なった背景の人々が相互学習し新たな創造をするために、
全国大学政策フォーラムin 登別を立ち上げ、市民制作ビデオをテレビで放映する活動、
コミュニティの活性化活動等に携わる。専門は、行政学、地方自治論、行政苦情救済論。

京田辺市観光協会会長  田宮 宏悦 氏
舞妓の茶本舗会長。NPO 法人一休酬恩会理事長。
1935 年、京都府生まれ。一休さんが晩年を過ごした町、お茶の町、
玉露の町である京田辺市の観光を盛り上げるため、
国内外問わず積極的に活動を展開している。

学生マンションオーナー  小泉 芳孝 氏
スカイハイツ三山木オーナー。株式会社京都放送を2008 年定年退職。元京田辺市郷土
史会理事・元京都地名研究会常任理事。竹取翁博物館(来年度開館予定)館長。
著書に『稲作民族の源流- 日本・インドネシア-』( 文理閣)
共著に『京都地名検証』京都地名研究会編(勉誠出版)

株式会社 バン・ネット・システム 様
同志社大学、同志社女子大学田辺校地開校以来唯一の地元業者であり、
京田辺市を中心に約3,500 室を有し、同志社下宿斡旋連絡会加盟店として
「安心」「安全」「快適」な部屋を紹介している。

詳細はこちらをご覧下さい京田辺市関西観光拠点化計画(PDF形式)
2011/07/05 火 19:51 | posted by きゅうたなべ倶楽部
comments (0) | trackbacks (0)

スポンサーサイト



テーマ : 総合学習・特別支援
ジャンル : 学校・教育

main_line
main_line
プロフィール

key

Author:key
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード