FC2ブログ

交野の星田神社宮司から交野伝説や弘法大師の話を聞く 竹取翁博物館(国際かぐや姫学会)2015.5.20

交野の星田神社宮司から交野伝説や弘法大師の話を聞く 竹取翁博物館(国際かぐや姫学会)2015.5.20  https://youtu.be/a8SmiaF6lXE
 友人のご紹介で竹内文書を引き継ぐ子孫の方と地元「天の川七夕星まつりの会」ら3人と2015年5月20日念願の交野にある星田神社に伺いさせていただきました。そして、宮司様から交野周辺の伝説や物部氏それに弘法大師等。さらに「星と月と太陽」にかかる西王母・東王父や織姫、ニギハヤヒノミコトなど沢山の貴重な話を聞かせて頂きました。
星田妙見宮について生駒山系の端の磐座を祀る。磐座と天の川とは天磐楠船の通路としてその組み合わせは多く、饒速日命の伝承が残る場合が多い。
この妙見宮は弘法大師の修行地で、七曜の星が降りたと云われる。それを磐座としているが、恐らくはもっと古い時代の磐座信仰の地に弘法大師伝説が覆さった。
 社頭の説明として、霊山は平安時代の弘仁年間(810~824年)に弘法大師空海上人が私市の獅子窟寺の岩屋で仏眼仏母尊の修法をされたときに当霊山に七曜の星が降臨し大師自ら「三光清岩正身の妙見」と称され北辰妙見大悲菩薩独秀の霊岳、神仏の宣宅諸天善神影向来会の名山、星の霊場として祀られたと言われている。
 竹取翁博物館(京都府京田辺市)は、個人が資材を投じ世界唯一の本格的博物館で日本最古の『竹取物語』関係を中心に山本駅跡・継体天皇「筒城宮」・月読神社と隼人・甘南備山などの展示解説をしている。他に民俗学やマスコミ一代記、 戦争と平和展、陸のシルクロード、海のシシルクロード、地域の歴史 (郷土史・農具・民具)の他、世界の民俗 (日ュ同素論、徐福と卑弥呼の邪馬台国・奄美徳之島説、古代の歴史、岩石の不思議、重軽石)を展示。その他、竹取の庭に「かぐや姫神社」、本館・別館①に竹取物語の襖絵(14面)、人形劇を展示、空海説・かぐや姫歌のCDとビデオもある。
小泉館長は、本館・別館①かぐや姫館・別館②土蔵を管理する一方、自ら展示物の解説をし、五人の貴公子「難題の品」や空海説・邪馬台国説の「根拠」など映像を駆使し解説されている。
また、ホームページやYouTube、ブログ、ツイッター等のニューメディアにも積極的に発信され、講演会依頼にも応じ、常設展の本『竹取物語現代考』地元『京田辺の史跡探訪』『稲作民俗の源流』『マスコミ一代記』を出版、日本や世界から注目され「国際かぐや姫学会」の支部も出来ている。
毎年開催の「かぐや姫サミット」では、かぐや姫時代行列や史跡探訪の案内、別館②古民家でのシンポ・音楽会・演劇・舞踊・茶会などを開催し、世界唯一のユニークな博物館として注目されている。
http://taketori.koiyk.com/
スポンサーサイト



竹内文書1. 天の川七夕星まつりの会 竹取翁博物館(国際かぐや姫学会)2015.5.20

竹内文書1. 天の川七夕星まつりの会 竹取翁博物館(国際かぐや姫学会)2015.5.20
http://youtu.be/b-aS7hZeHzU

平安時代に交野ヶ原と呼ばれた枚方市・交野市一帯に残された七夕伝説にまつわる史跡(天の川、機物神社、牽牛石など)を中心として七夕まつりを復活させる「天の川七夕星まつりの会」の方が博物館に見えられたので、いろいろな話を伺った。
 竹取翁博物館(京都府京田辺市)は、個人が資材を投じ世界唯一の本格的博物館で日本最古の『竹取物語』関係を中心に山本駅跡・継体天皇「筒城宮」・月読神社と隼人・甘南備山などの展示解説をしている。他に の民俗学やマスコミ一代記、 戦争と平和展、陸のシルクロード、海のシシルクロード、地域の歴史 (郷土史・農具・民具)の他、世界の民俗 (日ュ同素論、徐福と卑弥呼の邪馬台国・奄美徳之島説、古代の歴史、岩石の不思議、重軽石)を展示。 その他、竹取の庭に「かぐや姫神社」、本館・別館①に竹取物語の襖絵(14面)、人形劇を展示、空海説・かぐや姫歌のCDとビデオもある。
小泉館長は、本館・別館①かぐや姫館・別館②土蔵を管理する一方、自ら展示物の解説をし、五人の貴公子「難題の品」や空海説・邪馬台国説の「根拠」など映像を駆使し解説されている。
また、ホームページやYouTube、ブログ、ツイッター等のニューメディアにも積極的に発信され、講演会依頼にも応じ、常設展の本『竹取物語現代考』地元『京田辺の史跡探訪』『稲作民俗の源流』『マスコミ一代記』を出版、日本や世界から注目され「国際かぐや姫学会」の支部も出来ている。
毎年開催の「かぐや姫サミット」では、かぐや姫時代行列や史跡探訪の案内、別館②古民家でのシンポ・音楽会・演劇・舞踊・茶会などを開催し、世界唯一のユニークな博物館として注目されている。
■竹取翁博物館 場所:〒610-0313京都府京田辺市三山木直田10 代表者小泉芳孝 JR片町線「JR三山木駅」東へ徒歩3分  近鉄京都線「三山木駅」東へ徒歩2分l
  TEL・FAX 0774-62-2522 携帯 090-6961-9391
  HP http://taketori.koiyk.com/ koiy@leto.eonet.ne.jp
ここに掲載の写真および記事の無断転載を禁じます。copyright(C)2015 Yoshitaka Koizumi. Corporation Japan. All Rights Reserved.
main_line
main_line
プロフィール

key

Author:key
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード